このガジェットでエラーが発生しました

2011年8月3日水曜日

『ひとりずもう』

本日ご紹介するのはさくらももこさんのエッセイ
『ひとりずもう』です。

このエッセイは作者の中学生~高校生のころのお話。
男子・オシャレ・部活など…思春期ならではの悩みが
ユーモアと、そしてちょっぴり切なさをこめて描かれます。
時代は違えど、女の子なら「あのころああいうことで悩んだな~(笑)」
とか「こういうのが一番楽しかったなぁ…」と共感する体験ばかり。

このエッセイはあとから上下巻で漫画版も発売されました。
私の印象では漫画版のほうが少し切なさの要素が強いかんじ。
エッセイでは笑い、漫画では青春時代の淡い期待感やほろ苦い気持ち
を味わうといったように、異なったかたちで作品を楽しめます。
もし「読んでみようかな~」と思ってくださった際は、
その時の気分にあわせてエッセイか漫画かを
選んでみてくださいね♪

0 件のコメント:

コメントを投稿